ニュース

« Previous Back to News List Next »


Altairが、新世代のビジネスインテリジェンスソリューション「HiQube 6.0」を発表

新バージョンでは、WindowsおよびLinuxのユーザーに、セルフサービス型ユーザーエクスペリエンスとシミュレーション駆動型データ分析を提供

ミシガン州トロイ - 2011年1月19日 - Altair Engineering, Inc.は本日、シミュレーション指向性のビジネスインテリジェンス(BI)およびデータ分析ソリューションであるHiQubeのバージョン6.0を発表しました。HiQube 6.0は、新しいセルフサービス型ウェブクライアントとカスタマイズ可能なダッシュボード、柔軟な階層データ管理機能、高度なwhat-if分析用の埋め込み型の数値最適化機能を実装して、独自の多次元型データエンジンを業務担当者に提供します。最新バージョンでは、WindowsおよびRed Hat、Ubuntuなどのデスクトップとサーバー環境にも対応しています。

「HiQubeは市場に広がりつつある新世代のビジネスインテリジェンス(BI)製品のひとつです」と、AltairのChairman兼CEOであるJames R. Scapaは述べています。「HiQubeはデータの継続性やライトバック機能で性能を損なうことなく、インメモリBI製品のようなスピード感覚で膨大なデータセットを扱うことができるため、従来のBIソリューションに取って代わる有力な選択肢として位置付けられます。HiQubeは既存の業務システムに対して補完的なデータ分析機能として手早く追加できる点で、また、顧客に対して説得力のある高付加価値分析機能を提供するエンド・ツー・エンドのBIソリューションとして、傑出しています」。

HiQubeを使用することで、企業内各部署の関係者は情報を自在にスライス、ダイス、ドリルして、重要業績評価指数(KPI)を分析し、数値シミュレーションやwhat-if分析を実行できるため、インタラクティブで用途に適したレポートやダッシュボードを活用して業績向上につなげることが可能となります。シンプルなインストール操作とオープンアーキテクチャ設計により既存環境を補完するHiQubeは、あらゆるITエコシステムにシームレスに配備可能です。

「今回のリリースは、ユーザーエクスペリエンスとウェブクライアントからの拡張機能に特化して、当社の多次元型データエンジンの威力をデスクトップから企業の関係者全体へと押し広げた点で、開発の大きな節目となりました」と、HiQubeのCTOを務めるYeshwant Mummaneniは述べています。「今回および今後のリリースを通じてHiQubeの顧客は、総所有コスト(TCO)をさらに抑えながらも、意思決定プロセスを手引きし、向上させる力がより一層強まったことに注目されることでしょう」。

HiQubeの最新機能では、ウェブ インターフェースの操作性を高めたポータルスタイルのレイアウトを提供し、複数のワークスペースと、各ワークスペースに散在するレポートを統合します。Web上で、公開済みレポートの内容を修正、更新、保存できるほか、公開済みのキューブから新規チャートを作成し、作成したチャートをユーザーレポートとして保存することも可能です。

枝の分岐レベルがそれぞれ異なり、組織構造のようにアンバランスな階層関係構造を持つデータを効率的に管理する能力に加え、並列階層を維持する機能も備えたHiQube 6.0は、数あるBIテクノロジーの最先端に立つ製品です。HiQubeに組み込まれたETL(抽出、変換、ロード)機能もアップグレードし、顧客はインポート時にデータの自動変換および処理が必要な場合、ユーザー定義式を適用させることができます。ユーザーはさらに、レポートやダッシュボードの拡大縮小やサイズ変更時のフォントのスケーリング規則を、これまでよりも自在に制御できるようになりました。

数値シミュレーションおよび最適化手法というAltairの中核技術によって深いレベルでのシミュレーションエンジンの統合が可能となったことで、業務担当者はより広範なソリューションを迅速に探求し、「最善」の決定を下せるようになります。ブロック操作や埋め込み型の最適化定式といった高度な機能を通じて、担当者は膨大な数のシナリオを生成、分析して、業務目標や制約をクリアする解決策を模索することができます。

最後に、HiQube 6.0ではHTTP RESTful APIの包括的なセットを新たに採用してオープンアーキテクチャをさらに拡張し、サードパーティ製アプリケーションや自社開発アプリケーションへのHiQube埋め込みと操作を容易にしています。
HiQube 6.0のトレーニング日程やオンラインセミナーについて詳しくご覧になりたい方、無償試用版をダウンロードしたい方は、
www.hiqube.comをご参照ください。




HiQubeについて
HiQubeは意思決定を支援する、高性能の最適化指向性ビジネスインテリジェンス(BI)およびデータ分析ソリューションです。Altair Engineeringが開発およびサポートするHiQubeは、エンド・ツー・エンドのBIソリューションと、拡張性も高い補完的なソフトウェアとしての両面を併せ持ち、高度なデータ分析を実現します。HiQubeによって企業各部署の関係者は、単一の統合環境のもとで複数のデータストアやアドホックなデータに柔軟にアクセスできるようになります。HiQubeでは多次元型、リレーショナル型、階層型データエンジンを組み合わせることで、複雑なデータ構造を容易に作成でき、ユーザーに比類ない意思決定力を与えます。詳細はwww.hiqube.comをご覧ください。

Altairについて
Altairは、ビジネス情報および技術情報の分析、管理、可視化を最適化するテクノロジーにより、企業の革新および意思決定をサポートしています。Altairは1,400人以上の従業員を擁する株式非公開会社で、南北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋地域にオフィスを構えており、エンジニアリング、コンピューティング技術、企業情報分析のための先進的ソフトウェアとコンサルティングサービスにおける25年の実績を活かし、さまざまな業種の顧客に一貫して高い競争力を提供しています。詳細はwww.altair.comをご覧ください。

Media Contact:
Jennifer Ristic
Airfoil Public Relations, on behalf of Altair Engineering
Tel.: 248.304.1421
ristic@airfoilpr.com
アルテアエンジニアリング株式会社
マーケティング本部
03-5396-1341
marketing@altairjp.co.jp

情報請求



利用開始!