ニュース

« Previous Back to News List Next »


NECがTSUBAME 2.0 のワークロード管理ツールにPBS Worksを採用

世界最速クラスのスーパーコンピュータシステムのコア約20,000個と4,200個のGPUをPBS Professionalで管理

ミシガン州トロイ -2010年10月12日-ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)をより速く、よりシンプルに、よりスマートにするソフトウェアソリューションのグローバルリーダーであるAltair Engineering, Inc.は本日、日本電気株式会社(NEC)が世界最速クラスのスーパーコンピュータシステムTSUBAME 2.0のワークロード管理ツールにPBS Professionalを採用したことを発表しました。TSUBAME 2.0は極めてGPUリッチ、かつ世界で最も電力効率が良く、多目的に使用できるマシンで、最先端のグリーンテクノロジーおよびクラウドテクノロジーの多くが組み込まれています。同システムは、東京工業大学のためにNECとヒューレット・パッカード(HP)の2社により設計されたものです。

TSUBAME 2.0の稼動開始は今秋の予定で、世界最強クラスの計算およびデータ処理能力が、東京工業大学の学生や研究者ならびに各国の共同研究者2,000名以上、更には産業界を含む日本全国の先進研究者に提供されます。NECと東京工業大学は、2万個の演算コアと4,200枚のNVIDIA Fermi GPUチップを装備して2.4ペタフロップ(1秒間に1兆回の浮動小数点演算を実行)の演算処理能力を発揮するスーパーコンピュータシステムにおいて、最高10万のジョブを同時管理するためにPBS Professionalを採用することを決定しました。

「ハードウェアやソフトウェア、ユーザーの持ち時間を含めて、TSUBAME 2.0のリソースを最大限に活かしながら、きわめて複雑なサイトポリシーをベースにしたプログラムも合理的に実行できるようなワークロード管理ソリューションを探していました」と、NECのHPC事業部 事業部長の久光文彦氏は述べています。「TSUBAME 2.0の性能はTSUBAME 1.0の30倍を超え、4,200個以上のGPUを持つ独特なアーキテクチャを構築していることから、世界最高クラスのワークロード管理ソフトウェアがどうしても必要になります。PBS Professionalは豊富な機能と高度なジョブ予約機能により業界最高のスケーラビリティを提供してくれるほか、日本の超高速コンピュータ網形成プロジェクトNAREGI(National Research Grid Initiative)で実績を重ねており、TSUBAME 2.0の特殊なアーキテクチャを管理する上で申し分ない性能を備えています」。

AltairのPBS WorksソフトウェアパッケージのベースであるPBS Professionalは、マルチベンダーによる分散したコンピューティング資産を1つの統一されたシステムとして管理する、ロバスト性の高いスケジューリングポリシーを容易に作成できる機能を備えているため、TSUBAME 2.0のリソースを最大限に活用することが可能になります。TSUBAME 2.0の混在コンピューティング環境では、LinuxとMicrosoft Windows HPCという2つのオペレーティングシステムが採用されているほか、生命科学や分子科学、生物化学やエンジニアリングアプリケーションなどの幅広い研究ツールが利用されます。

PBS Professionalは、日本が推進するNAREGIプロジェクトの学術グリッド網が形成するHPCシステムのワークロード管理に採用されて実績をあげています。同システムは、“最先端学術情報基盤”(Cyber Science Infrastructure)の礎を築き、最先端の研究および教育環境を構築し、これを支援するという国立情報学研究所(National Institute of Informatics)の事業を後押しします。





PBS Worksについて
アルテアのPBS Works™はオンデマンド グリッド コンピューティング テクノロジー製品群で、企業によるコンピューティング インフラストラクチャー資産への投資効果(ROI)を最大限に高めます。PBS Worksは、グリッド コンピューティング、クラウド コンピューティング、クラスターコンピューティング、オンデマンド コンピューティングの各分野において世界で最も幅広く導入されているソフトウェア環境であり、なかでも主力製品のPBS Professional®は、柔軟なオンデマンド コンピューティング環境を実現します。企業は面倒な手間をかけることなく、分散されたコンピューティング リソースを共有して、市場化への所要時間の短縮や製品の品質向上といった競争上の優位性を生み出し、維持することができます。使った分だけ支払うという画期的な「ペイ フォー ユース」式ビジネスモデルを採用して、PBS Worksは他のソフトウェア ライセンスモデルより優れた価値と柔軟性をご提供します。PBS Worksでハイパフォーマンス コンピューティングをより速く、スマートに、生産的にする手法について詳しくは、http://www.pbsgridworks.jpをご覧ください。


Altairについて
Altairは、ビジネス情報および技術情報を最適化するテクノロジーにより、企業の革新と意思決定をサポートしています。アルテアは1,300人以上の従業員を擁する株式非公開会社で、南北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋地域にオフィスを構えています。製品設計、先進のエンジニアリング ソフトウェア、グリッド コンピューティング技術において25年以上の実績を持つアルテアでは、さまざまな業種の顧客に一貫して高い競争力を提供しています。詳細は、http://www.altairjp.co.jpをご覧ください。

Media Contact:
Jennifer Wilt
Airfoil Public Relations on behalf of Altair
248-304-1418
wilt@airfoilpr.com
アルテアエンジニアリング
ビジネス開発本部
marketing@altairjp.co.jp
03-5396-1341(代)
エンタープライズソリューション部
pbs@altairjp.co.jp
03-5396-1341(代)

情報請求



利用開始!