ニュース

« Previous Back to News List Next »


国防総省ハイパフォーマンス コンピューティングセンター、
Altairとの契約を3年目に延長


AltairのPBS Professionalソフトウェア、研究開発およびテストセンターへの単一ジョブ管理システム提供により、軍の近代化プログラムにおいて重要な役割を担う

ミシガン州トロイ、2009年6月15日—技術革新と意思決定を可能にするテクノロジーとサービスをグローバルに提供しているAltair Engineeringは本日、米国防総省がハイパフォーマンスコンピューティング近代化プログラム(HPCMP: High-Performance Computing Modernization Program)のための標準のワークロード 管理ソリューションとして、AltairのPBS Professionalソフトウェアを継続して使用することを決定したと発表しました。

AltairのPBS Professionalは現在、国防総省の科学的な研究開発およびテストと評価のための各センターにおいてジョブ実行のスケジューリングを行っています。これらのハイパフォーマンスコンピューティングセンター には、Aberdeenの実験場 (メリーランド州)、Dayton の近くのWright-Patterson空軍基地(オハイオ州)、メキシコ湾岸の海軍国防総省スーパーコンピューティングリソースセンター(ミシシッピー州)、さらにはVicksburg (ミシシッピー州)およびFairbanks(アラスカ州)にある施設が含まれます。これらの施設のシステムはすべて、合計1.3 petaFLOPS(1秒当たり1300兆の浮動小数点演算)の計算力を備えています。

2006年、Altiarはこれらのセンターと、PBS Professional 導入の2年契約(8件の1年更新オプションセットを含む)を締結しました。今回HPCMPは、PBS Professional のパフォーマンスと、絶えず変化する組織環境のニーズに対するAltair Engineeringの対応の柔軟性を踏まえ、3年目オプションの行使を決定しました。

「我々は、業界において最も安全で、最も信頼でき、最もスケーラブルなソフトウェアを作ることに重点的に取り組んでいます」と、AltairのPBS GridWorks Chief Technical Officer であるDr. Bill Nitzbergは述べています。「また、国防総省がPBS Professionalを信頼し、世界で最も洗練されたシステムの管理を任せてくれることを非常に喜ばしく思っています」。

1992年に開始されたHPCMP の任務は、世界に通用する商用のハイエンドな高性能計算能力を、国防総省の科学、技術、試験および評価に携わる4,000人を超える人々に提供することです。

単一ジョブ管理システム
「Altairと我々の契約の基となったのは、我々のユーザーグループ全体のための単一ジョブ管理システムを持ちたいと言う願望でした」と、DoD HPCMP Centers Managerの Brad Comes氏は述べています。「我々の組織は約20の異なったHPCシステムを使用しています。8システムを使用するユーザーもいれば、2、3のシステムしか使わないユーザーもいます。我々は、彼らが使用するシステムから独立した、共通の管理システムを持ちたいと考えていました。ですから、我々は契約にあたり、拡大し、成熟し、技術的に変化する我々のすべてのシステム上で稼動できるソフトウェアを求めたのです」。

HPCMPは、その能力をグレードアップさせるため、毎年3つから4つの大規模なハイパフォーマンスコンピューティングシステムを購入しており、新規コンピュータシステムの導入に際し、PBS Professionalの最新版がインストールされています。HPCMPセンターのSenior AnalystであるBill Fabian氏によると彼らのセンターは、Altairがその製品群を自社のハードウェアに適合させ、統合したことを評価しているシステムベンダーから、PBS Professionalの良い評判を聞きました。
「Altairは、環境の変化への適応を可能としてきました」と、Fabian氏は指摘しています。「Altairの変化への適応能力によって、単一基準へのより迅速な移行が実現できました。我々は、ソフトウェアの機能面での変化および我々の能力との統合の至るところで、Altairの柔軟性、適応能力および対応に満足しています」。

PBS Professionalの役割は、開発データ、および、与えられた時間内で利用可能なリソースを使って実行できるテストの量を最適化することにあります。「我々のユーザーは、異なる条件や仮定を用いて、これらのプログラムを何度も実行させなくてはなりません」と、Fabian氏は説明します。「そして、それは膨大な計算になります。PBSコマンドはユーザー定義のスクリプトの範囲内で埋め込まれ、我々の全体的な生産性を改善します。複数のコンピューティングシステムをサポートするスクリプトを個人で維持する必要はもはやなく、彼らはキューイングシステムのための1つの階層のみをサポートすればよいのです。この性能のおかげで単一ジョブスケジューリングとキューイングシステムだけを維持すればよくなり、ソフトウェアの維持費用は削減されました」。

次世代テクノロジーのサポート
軍の研究開発科学者達は、次世代航空機のための材料開発、推進システム設計、ディーゼル燃料噴射エンジンのより効果的なノズル設計、および戦場における車両の装甲の生産のような広範にわたる先進的なプロジェクトのために、PBS Professionalのサポートするハイパフォーマンスコンピューティングを使用しています。さらに彼らは、気候、天候および 海洋パターンを予測するための次世代機能の作成といった広大な範囲のプロジェクトも引き受けています。

試験と検証の専門家は、ミサイルと航空機の実際の試験に先駆けて行う仮想試験に、HPCシステムを使用しています。「自動車の設計者が、車両で行わなくてはならない実際の衝突実験の数を減らすためにHPCシミュレーションを使用するように、10回の試験を行う代わりに、事前の計算作業行うことで、試験担当グループは必要な実験シナリオをおそらく2回程度にまで減らすことができます」と、Comes氏は述べています。

Comes氏は、「我々の意図は、この共通管理システムによって、各ユーザーグループに10年に渡り安定性を提供することです」と、断言しています。


PBS GridWorksについて
アルテアのPBS GridWorksはオンデマンド グリッド コンピューティング テクノロジー製品群で、企業によるコンピューティング インフラストラクチャー資産への投資効果(ROI)を最大限に高める。PBS GridWorksは、グリッド コンピューティング、クラスター コンピューティング、オンデマンド コンピューティングの各分野において世界で最も幅広く導入されているソフトウェア環境で、なかでも主力製品のPBS Professionalは、柔軟なオンデマンド コンピューティング環境を実現。企業は面倒な手間をかけることなく、(複数の機種が混在した)多様なコンピューティング リソースを地理的な制約を超えて共有することができる。詳細についてはこちらをご覧ください。

Altair Engineeringについて
Altairは、ビジネス情報および技術情報の解析、管理、可視化を最適化するテクノロジーにより、企業の革新および意思決定をサポートしています。Altairは1,300人以上の従業員を擁する株式非公開会社で、南北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋地域にオフィスを構えています。製品設計、先進のエンジニアリング ソフトウェア、グリッド コンピューティング技術において20年以上の実績を持つAltairでは、さまざまな業種の顧客に一貫して高い競争力を提供しています。詳細についてはこちらをご覧ください。
Jennifer Ristic
Airfoil Public Relations
248-304-1421
ristic@airfoilpr.com

情報請求



利用開始!